パンができるまで

01
徹底した衛生管理
マルト神戸屋では、粘着ローラーやエアシャワーで毛髪やほこり除去、入念な手洗い手順を必ず守り、衛生管理を徹底しています。
01
02
こだわり
小麦本来の美味しさにこだわり、昔ながらの手づくりの良さと最新の製造技術を結び付け、美味しいパンをつくっています。
02
03
ミキシング
発酵が済んだパン生地を、さらにこねていきます。その日の温度や湿度に合わせて水の温度やミキシング条件を少しずつ変えて調整します。こねることで、パン生地に粘りと弾力がでてきます。きめの細かい生地になったら、上手くこねあがったサインです。
03
04
成形(形を整える)
できあがったパン生地を1個のパンの大きさに分けていきます。機械ですばやく分けられた生地を、きれいに丸め、少しの間休ませます。そうすることでさらに発酵が進み、ふわふわになるのです。
04
05
焼く
熱された大きなオーブンの中を、形が整えられたパン生地が流れていきます。 パンによって焼く時間は違いますが、食パンはおよそ40分かけてじっくりと焼き上げます。工場は、焼きたてのおいしそうなパンの香りに包まれます。
05
06
包装
焼きあがったアツアツのパンを冷まし、袋に入れていきます。 途中、異物が入っていないか検査するため、"2回"金属検出機を通します。これも、安全・安心なパンをお届けするために重要なことです。
06
07
出荷
出来上がったパンは、仕分けをされ、スーパーやコンビニエンスストアへと配送されます。
07

おいしいパンができるまでの工程、いかがでしたか?

お店でマルト神戸屋のパンを見つけたら、私たちの想いのこもったパンを味わってみてください。